ENGLISH STUDIO T-STAR

お気軽にお問合せください

E-Mail : web@englishtstar.com

Web:www.englishtstar.com

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon
  • White Instagram Icon

TOEICはスポーツ

March 16, 2017

ども!

 

T-Starの山下哲平です。

 

WBCやってますねー... 私、野球全く分かりませんが(苦笑)

 

でも、日本は強いですよね。その強さから今では海外からドラフティングの目を効かせ、甲子園まで来てる様ですね。メジャーは見に来てますよ!

 

春も近づいてきました、さあ、あなたのTOEIC目標はしっかり設定できてますか?

 

 

多分、

 

“会社から言われてるけど...”

 

“進学に利用したいけど...”

 

 

...うーーーーーん、

 

 

【今年こそは!!】

 

って思ってる人が多いと思います。

 

そうです、さっさと取っちゃいましょう!

 

理想スコア。

 

満点は特に必要ないです。

 

まずは600点越え。

 

そして700点〜800点へと目指しましょう。じょじょに上げていっていいです。まずは現状のスコアを把握し、それから毎回“100点越え”していくのを目指してみてはどうでしょう?

 

 

さて、今日のタイトル、

 

【TOEICはスポーツ】

 

ですが、私は野球も知らないスポーツ苦手人間です。

 

全くスポーツできません。

 

だけど... 

 

① 基礎のトレーニング

 

② その利点

 

 

については、理解しているつもりです。

 

私は小学生のころ、“拳法”をしてました。

 

 

 

スポーツ苦手の私は、強くはありませんでした。

 

でも、ここで

 

“繰り返す・反復のパワー”を学びました。

 

私は“組手(対戦相手と戦うやつ)”は痛くて嫌だったので、そこまで強くなかったです。

 

だけど、“形”は「いけんじゃね!?」と思っていたので、ひたすら練習しました。

 

痛くないし(苦笑)

 

 

形は段が上がるにつれ、動きも複雑ですし、覚える技が多くなります。

 

 

 

 

始めは数ステップくらいの段階で忘れてしまいます。

 

“次って蹴りだっけ?突き? 飛ぶ?!”

 

みたいに。

 

訳の分からない下手なダンスみたいになります。

 

やってて、“アホか俺は?”と思ったりします。

 

だけど繰り返します。

 

何度も何度も。

 

そうしていくうちに、形は覚えます。

 

覚えるだけでなく、“流れ”ができてきます。

 

形は順序を覚えるだけでなく、もちろん自分らしい流れやスタイル、気合いがあって完成します。

 

だけど、まずは“形”自体を覚えないことには始まらない。

 

自分らしい“スタイル”や“流れ(フロー)”はその後にくる。

 

そうした結果...

 

全国大会で1位 x 2回(笑)

 

しちゃったかな(ウヘ)。

 

まあ、そんな事もありました。

 

なので、“カタチ”をマスターする大切さは身をもって理解してるつもりです。

 

私はスポーツをするといってもジョギングとたまに自転車に乗るくらいです。

 

それでさえも、やはり数回続けて走っていると“慣れる”ので、始めキツかった距離が、数回後は“楽”に感じてきます。そうすれば、以前より若干早く走れたり、より遠くへ走ってみようと思います。

 

 

プロのスポーツ選手もそうでしょう。

 

短距離ランナーだって、何度もあの100mを走っています。

 

たまにはスタート地点だけ、最後のラストスパートに集中して部分的な練習もするでしょう。

 

でも、やはり“全100m”を、自分なりにどう走るか?という事を“身体で覚える”には、何千回、何万回と同じ100mを走っているでしょう。

 

そして、

 

【本番へ...】

 

 

 

 

 

TOEICも同じです。

 

まずは、何度も繰り返してテストをしてみましょう。

 

公式問題集にはテストが丸々2本入っています。

 

1本=2時間。

 

長いです。。。

 

でも、それを“通して練習”しないと、本番で目一杯力が出せません。

 

なので、全部を通しての練習を繰り返すことを心がけしましょう。

 

毎回でなくていいですので。

 

もちろん、解答もして、間違ったところや、時間が非常にかかった部分などを、その後細かく分析していったり、時間が無いときは、Part1だけとか、Part 5だけ練習しても構いません。

 

ですが、たまに“本番と同じ状況”で、テスト1本丸々やってみてください。

 

これだけでスコアは上がります。

 

本当に。

 

これをしっかりしてくれた生徒で、いきなり100 点以上アップした人も複数います。

 

なので、“カタチを身体で覚える”事が大切なのを覚えておいてください。

 

実行してください。

 

もったいないですから、それができてなくて本番でボロボロなんて。。。

 

 

少し暖かくなってきましたね!

 

Have a nice day.

 

T-Star will get you a Star!

Please reload

What's new

December 11, 2017

Please reload

Archive
Please reload

BLOG

ブログ