ENGLISH STUDIO T-STAR

お気軽にお問合せください

E-Mail : web@englishtstar.com

Web:www.englishtstar.com

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon
  • White Instagram Icon

泣きました...

July 28, 2017

R.I.P Chester Bennington,  R.I.P Christ Cornell

 

今年は本当に素晴らしいアーティスト達を我々は失いました。

David Bowie

Prince...

 

そして、

クリス(Soundgarden, Audioslave)

 

 

続いて

チェスター(Linkin Park)

 

 

 

後者2人は長年苦しんだ”鬱”との戦いを終えた形での自殺...

 

2人はお互いを讃え、敬い、支え合ってきたアーティスト。

 

 

 

まずクリスが逝き、その2ヶ月後、それも"クリスの誕生日"にチェスターは自分の命を絶ちました。

クリスの葬儀に彼は最後の歌を捧げたばかり。

音楽界やファンがまだショックから抜け出せていない今...

 

【この歌でわたしは泣きました...】

 

Soundgardenや、Audioslaveは長年ファンでしたが、一度もライブに行けなかったのを非常に悔やみます。

 

Linkin Parkは正直そこまで好きではありませんでした。

かなり若者向けでしたし(歳を感じるが...)そこまで気にして聴いてませんでした。

 

ただ、サマソニで見たときには、やはりチェスターのボーカル力には圧倒させられました。

 

”突き刺さるほど凄くパワフル!”

 

でも、本当にLinkin Parkが好きになったのは、

 

“A Thousand Suns”

 

というアルバムを聴いた時です。

 

これは、なんか今までのアルバムと違うな!?と。

全体が1つのストーリーとなってるコンセプトアルバムでした。

 

その中でもこの曲、、、

 

暗いけど、その中に“美”があります。

 

"Waiting for the End"

 

Waiting for the end to come

(終わりがくるのを待っている)


Wishing I had strength to stand

(もう一度立ち上がる力があればよかったけど)


This is not what I had planned

(こんなつもりじゃなかったんだ)


It's out of my control

(でもどうしようもない)

 

Flying at the speed of light

(一筋の光の様に飛んでる)


Thoughts were spinning in my head

(色んな思いが浮かんでいる)


So many things were left unsaid

(もっと話しておけばよかったことも)


It's hard to let you go

(君と離れるのはつらい)

 

I know what it takes to move on,

(前に進むには力がいるのは知っている)


I know how it feels to lie,

(ウソをついてしまう気も分かる)


All I wanna do
Is trade this life for something new

(ただ、人生を新しいものにしたいだけなんだ)


Holding on to what I haven't got

(手に入れられなかったものを握りしめて)

 

Sitting in an empty room

(何もない部屋にずっといる)


Trying to forget the past

(過去を忘れようとね)


This was never meant to last,

(こんなに長く保てるものじゃなかったんだ)


I wish it wasn't so

(続けることを願ったけど)

 

I know what it takes to move on,

(前に進むには力がいるのは知っている)

 

I know how it feels to lie,

(ウソをついてしまう気も分かる)


All I wanna do
Is trade this life for something new

(ただ、人生を新しいものにしたいだけなんだ)


Holding on to what I haven't got

(手に入れられなかったものを握りしめながら...)

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

要約ですが分かりますように、これは”死”について書いてる歌詞です。

 

ただ、曲全体が凄く力強い、そしてなんか希望が見えるような曲なんですね。

 

聴いてみてね↓↓↓

"Waiting for the End"

 

これよく朝のジョギングしてる時聴いてて、なんか知らないけど涙が溢れてきたことがあります。

泣けてきたんですね。

 

ただただ”美しい”としか感じられませんでした。

 

なんだろうね。

 

本当に残念です。

 

彼は少年時代から

ー両親の離婚

ー両親の知り合いから性的虐待

ー麻薬中毒

ー貧困(Linkinで成功する前まで車で寝泊まりしていた)

 

などを乗り越えて

 

この”スーパーバンド”のボーカルとなったんですね。

 

本当に非常に若い頃から苦労をし続けながら、このバンドでやっと世界の多くの人達に希望を届けていた矢先。

 

それだけでも凄いパワーです。この力見習いたい。

 

お悔やみ申します。

 

R.I.P Chester

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

What's new

December 11, 2017

Please reload

Archive
Please reload

BLOG

ブログ