ENGLISH STUDIO T-STAR

お気軽にお問合せください

E-Mail : web@englishtstar.com

Web:www.englishtstar.com

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon
  • White Instagram Icon

海外企業から即日メール返信をしてくれる英文力

March 13, 2017

最近脱サラ、そして起業しようとしている友人がいて、その人の依頼で

海外企業への英文メールを書きました。

 

ここで強調したいのが、

 

今回連絡する海外企業先は

 

“誰でも知っている”イギリスの某老舗メディア

 

そして、起業家と言っても私の友人はまだ“無名”だということだ(ごめんね〜苦笑)ということ。

 

なので、

 

Giant(巨人) vs Ant(アリ)

 

の様な状態。

 

よく考えてみてほしい。

 

例えば、あなたが新卒で、とりあえず“起業するのだ!”と勢いを込めて、渾身の“Eメール”を、大手企業、なんだろう、リクルート社とかにメールして“返信”が来ると思いますか?

 

“問合せ”フォームに書き込んで、“送信”をポチッとするんじゃないですよ。

 

ホントにある程度、“仕事の交渉的内容”のメールです。

 

求人への応募ではありません。堂々と企業 vs 企業としての内容です。

 

そのメールを送ったとしましょう。

 

まず、返信はないでしょうし、誰かに届いたとしても担当へ取り次いでくれないでしょう。

 

それが多分90%ほどの現実ではないだろうか?

 

今回の件でも、この可能性は私も想定しました。

 

なので、それを考慮して英語の文章を作成。

 

もちろん“返信してくれそうな”内容を。

 

 

 

これをぶつけてみたい!といった熱意のこもった和文はその友人から頂いていたので、その中のコア(中心となる部分)を、英語的に伝わりやすい様に“書き換え”、そして大事な点(仕事に関する内容)はダイレクトに伝わる様に書いた。

 

そして送信してもらった。

 

その結果、、、どうだったと思います?

 

**即日返信来る、、、それも社長から!**

 

やったね!

 

ある程度、効力はあると思った内容でしたが、ここまで即返信が来るとは、、、とても良かったです。

 

 

まだ現在進行形の案件なので、内容を詳しく書けませんが、例えば同様のメールを送りたければ欠かせない言葉があります。

 

それは、

 

“Inquiry”=問合せ

 

です。

 

“え?当たり前じゃん?”

 

って思うかも知れません。

 

ですが、これを忘れる人、思いつかない人も沢山いるでしょう。

 

日本語ならもちろんですが、この英単語を普段使っていますか?

 

Inquiry

 

もしくは、

 

“I would like to inquire about ~~~.”

(〜についてお尋ねしたく連絡しています)

 

という風な。

 

 

 

 

たまに、

 

“Questions” (質問!)

 

“E-Mail from 誰それ・〜〜会社”

 

とか書いちゃう人がいると思いますが、これは相手に興味を持たれませんし、少しプロ性が問われるので変えましょう。

 

メールの件名

 

そして文章の冒頭に、ちゃんと

 

“この内容でご連絡してるんですよ”と明確にしましょう。

 

I have an inquiry about ~~.

I would like to inquire about ~~.

 

など。

 

後、もう1つお教えするのは、

 

from Japan

 

と、添えることです。

 

これも、”当たり前じゃん!”って思う方が多いかもしれないが、同時に書くのを忘れる人も多い。

 

会社名書いても、凄いメガ会社でない限り相手にはピンと来ません。

 

ですが、

 

from Japan

 

(はるばる彼方の日本からのメールですよ!)

 

って、添えることである程度興味は持ってもらえます。

 

以前も書きました様に、

 

“日本は世界で好かれています”から(笑)。

 

いや、本当に。

 

from Japanって書かれてるのを見て、“え〜〜、嫌だなー”って思う人はいません。

 

絶対興味を持ってもらえるでしょう。

 

その他今回のメール内容で工夫した箇所がありますが、この2点はベーシックなコツです。

 

いつもお伝えしています様に、“ただの英語”と、“伝える英語”はまた違います。

 

 

経験からくるコツとスキルが必要です。

 

今日は月曜ですねーー。ちょっとMonday Blues…

 

ご質問・ご感想ウェルカムです。いつでもご連絡くださいね。

 

web@englishtstar.com

 

 

T-Star will get you a Star!!

 

山下哲平

 


 

 

 

 

 

Please reload

What's new

December 11, 2017

Please reload

Archive
Please reload

BLOG

ブログ